注文方法 | 結婚式の服装|マナーを守って新郎新婦に恥じない格好を
 
ドレスとイアリング

結婚式に参加するときには結婚式用の服装を着用するのが義務付けられています。結婚式用の服装は専門店によっては購入だけではなくレンタルをすることができます。レンタルをするときには専門サイトへアクセスしてから服装を決めて注文をする必要があります。専門サイトでは多くの結婚式ドレスを取り扱っていますが、その中から条件を絞ってドレス探しをすることができます。20代や30代、40代などに適したドレスや、赤や黒、ベージュなどの色別などから細かく詳細検索ができます。これなら自分が希望しているドレスだけを検索結果として表示させることができるので、すぐに自分好みのドレスを見つけることができます。それぞれのドレス商品には試着写真もあるので、それを見てどのような雰囲気のドレスなのかを把握できます。レンタルしたいドレスが決まったら注文手続きへ移って、それからレンタルしたい日時を指定します。基本的にドレスは一泊二日や二泊三日などを指定してレンタルすることができます。

注文手続きが完了したら指定した日にドレスを届けてもらうことができます。利用した後は返却をしなければなりませんが、保証制度があれば少し汚れや傷があったとしても追加料金が請求されないので安心できます。専門店によってはレンタル料金の中にクリーニング代や保証料金が含まれていることもあるので、レンタルするときはそれらが含まれている方がお得な価格でレンタルすることができます。基本的に専門サイトでは24時間返却可能となっているので、時間のあるときならいつでも返却することができるので便利です。