お呼ばれドレス | 結婚式の服装|マナーを守って新郎新婦に恥じない格好を
 
金髪美女

結婚式に参加するときにはお呼ばれドレスの服装を着用する必要がありますが、服装によってはマナー違反になってしまうので参加するときには服装選びを慎重に行わなければなりません。昼や夜などの時間帯別の披露宴によっても服装のマナーが違います。基本的にひざが見えてしまうミニ丈のドレスや肩を出す露出タイプのドレスはマナー違反ですが、夜の披露宴でならOKとされていることもあります。身体の一部が見えてしまうと目立ってしまうので、肩出しをする服装などのときはなるべくボレロなどを羽織ってから露出を避けることが大切です。結婚式では20代などの若い人達だけに限らず40代や50代などの年齢の高い層の人達も多く参加しています。マナー違反の服装は親族などから冷たい目で見られてしまう恐れもあるので注意が必要です。夜の時間帯では少し露出のある服装でも問題ありません。

またドレスの上から羽織るボレロ選びをするときにはファー素材のものは避ける必要があります。その理由としてファーは動物の毛や革から作られているので殺生というイメージがあるとされています。そのため結婚式用のお呼ばれドレスではファー素材のドレスを羽織らないようにしなければなりません。ボレロだけに限らずバッグや小物などでもファー素材などを使用しないようにしましょう。店員さんによっては結婚式に向いていない服装をおすすめされてしまうこともあるので、自分でしっかりルールを把握しておくことで結婚式に良い服装を見つけることができます。