赤いドレスの女性

結婚式の披露宴に招待されたときに男性は基本的にスーツを着用します。スーツの色は黒が定番ですが、それ以外にも黒やグレー、ストライプの入っているものなどが人気です。またスーツにはシャツやネクタイ、鞄など様々アイテムが付き物なので、どれを選ぶべきか悩んでしまう人も多いためここで選び方をお伝えします。
スーツの選び方は男性だけでなく女性の場合であっても新郎新婦より目立たないものを選べば基本的に大丈夫です。しかし、注意しなくてはいけないポイントがあります。それは出勤時と同じようなスーツでは相応しくないということです。また色が派手なタキシードなどもあまり良くありません。そのため普段よりも少しオシャレをすることを心がけましょう。また当然のことですが、アイロンはしっかりかけておき、シワや汚れがない状態に仕上げておきましょう。次にシャツを選ぶときですが、基本的に色は白です。しかしシャツには様々な色があるので、ある程度カラーの入っているシャツやストライプなども大丈夫です。オシャレなシャツであっても汚れていると台無しなので清潔感を出すことを意識しましょう。シャツに合わせるべきアイテムとしてネクタイはとても大切です。昔と比べてネクタイの柄や色はかなり豊富になり多少派手なタイプであっても結婚式での服装として許されるようになりました。靴はスーツと合わせるために運動靴やスニーカーではいけません。これだと足元だけ浮いてしまい結婚式の服装として最悪なのです。そのためいくら服装に気を使っていても靴のことを忘れないように注意しましょう。基本的にスーツに合わせるべき靴は革靴です。また色は黒が定番ですが、茶色などでも結婚式の服装としては許されています。