レンタルをする

結婚式の服装にふさわしいドレス選びをするときは購入するよりもレンタルする方がお得です。レンタルできる専門店ではドレス購入をするよりも安価でドレスが借りられるので費用面でも安心できます。

お呼ばれドレス

結婚式ではお呼ばれドレスの服装を着用しなければなりませんが、服装のマナーを守らないと親族達から白い目で見られてしまうこともあります。またファー素材のボレロも結婚式ではマナー違反だとされています。

マタニティドレス

結婚式用の服装は店舗や通販サイトで購入できますが、専門店舗では服装のレンタルをすることもできます。服装の中でもマタニティドレスはゆったりとした服装が多いので安心して着用できます。

注文方法

結婚式の服装は専門店でレンタルできますが、注文をするためにまずは服装選びをしなければなりません。服装を選んだら注文手続きをしてドレスを届けてもらうことができます。24時間対応しているのでいつでも返却可能です。

男性の服装

結婚式で男性の服装は一般的にスーツですが、スーツにも様々なバリエーションがあります。そこでどんなスーツを選ぶべきか失敗して恥をかかないようにしっかり学んでおきましょう。

ヘアスタイルのセット

結婚式で若い女の子が特に気にする部分は服装だけではなくヘアスタイルなのです。人によっては手抜きになっているポイントでもあるのでしっかりオシャレをして周りからも認められる女子になりましょう。

ドレス美女

人間の人生は生まれたときから冠婚葬祭がありますが、いくつもある冠婚葬祭の中でも結婚式は一生に一度の晴れ舞台であるといえます。結婚式の主役である新婦は白く美しいウェディングドレス、新郎は白いタキシードを身に包みます。結婚式に参加する家族や友人等は新郎新婦よりも目立たないような服装で結婚式に参加しなければなりません。白系のドレスは新郎新婦が着用しているので、参加者のドレスの服装も白系にしてしまうと色が被ってしまいます。白ではなくベージュ系の色であっても写真でフラッシュをたくときに白に見えてしまうので、ベージュも服装選びではNGになっています。ただしベージュ系のドレスなどでもボレロを黒系にすれば良いとされているので、白やベージュ系のドレスになってしまう方はボレロや小物などをなるべく黒系にするのが良いでしょう。

また結婚式用のドレスの着丈はなるべくひざ丈にした方が良いとされています。もし着丈が短くなってしまうと、式の最中でお辞儀をしたときに太ももまではっきりと見えてしまいます。あまりにも短すぎるのはマナー違反なのでドレスの着丈には気をつけましょう。結婚式に参加する際の服装にはいくつかのマナーがあるので、それを守らなければ新郎新婦や親族に対して失礼になってしまいます。また新郎新婦との関係が友人や親族などでも服装のルールが異なっているので、服装選びをするときには事前にマナーを確認しておく必要があります。

結婚式の服装にお悩みの方はレンタルドレスがおすすめです。清楚で華やかなハイブランドが揃ってますよ。料金もリーズナブルです。

アラサー女子のオシャレ

30代になってから結婚式に呼ばれることも珍しくありません。そこで、どんな格好をするべきかドレス選びで悩んでいる人が多いのです。またドレスはレンタルするという手段もあるのでどちらにするべきか決めましょう。

learn more

賢く選ぶ

結婚式に呼ばれて、ドレスをレンタルするときにはどうするとオトクに借りることができるのか考えている人は少ないのです。そこで賢く利用するにはどうするべきか解説します。

learn more

パンツスタイル

結婚式での服装はドレスだけが全てではありません。パンツスタイルのスーツであってもありなのです。二次会に参加の場合はパンツスタイルが最適ですが、披露宴ではどうなのかお伝えします。

learn more